ステンドグラス工房 ATELIER SIX (http://atelier-six.biz)主宰者のワーク・日常・教室・旅・映画・京都・・・様々なつれづれをお知らせします

記事検索
月別アーカイブ
数年前に始めたmixi
そこで知り合った方と年初めの東京での展覧会でお会いしました。

多分お互いにドキドキハート
で、一緒にランチしてお話して・・・・あっという間に時間がたちました。

そんなお友達から「『にいくら』を送ったから食べてね」と。
は?『にいくら』?煮いくら?はてなはてなはてな
・・・・ああ・・・どうしよう・・・いくらは苦手だぁ・・・・
でもお菓子なんだよなぁ?はて?どんな??
頭の中ははてなだらけ。


数日後に届きました。
小箱のお菓子です。写真は、一つのにいくらです。

img20081223.jpg


これを切って食べます。爾比久良(にいくら)というのが正しい漢字名。
由緒正しい、武蔵野銘菓、献上品だそうです。

img20081223_1.jpg


まわりは卵黄と白あん、中には栗とその周囲に小豆あんが・・・。
『お口の中でさらりと溶ける風雅な甘さと歯ごたえ』と説明してありましたが、
本当にふんわりとした優しいお味です。

img20081223_2.jpg


いっただきま~~すびっくり

どんなめさん、ありがとうねラブ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ